「走れクラウス」幼いころに読んだ絵本

f0227828_10173572.jpg
今回は、私が幼いころ確か5歳のころだと思います。
当時住んでおりました北九州市小倉の百貨店
買ってもらった絵本でございます。
私の記憶で、確かその百貨店で、小さな蒸気機関車の展示が
ありましてその記念に販売されたものでございます。
展示されました機関車とは、全く別でしたが、
幼い私は、その挿絵に惹かれて購入しました
今から40年以上前の本でございます。
ご覧のようにほんの下部分がネズミか何かでかじられた様子ですが、
大切にしております。

f0227828_10175013.jpg
この本を見て古典蒸気機関車に大変興味を持ちました。
当時は、まだ新幹線が最先端の乗り物でしたが
私の住んでおりました九州は、まだ蒸気機関車が、まだ
活躍しておりました。
それから
年齢50を過ぎて、改めてこの本を読み返しまして
この本の素晴らしさを痛感いたしました。

最近鉄道関連書物を全く読まなくなりました、
それは、内容がつまらない また同じ内容で、
新鮮味がないなどです。
かつて
少年時代、毎月鉄道関連書籍の発売日に
書店に行くのが楽しみでしたが、時代の流れでしょうか
そんな中 絵本の世界では鉄道関連の中に
ご覧の「走れクラウス」金の星社が
いまだに発売されていることに うれしく思いました。

f0227828_10174303.jpg
内容は、本当に素晴らしいもので、
なんとご覧のクラウス17号機関車は、
現存するのでございます。
巷では、機関車とくれば
トーマスですが、
なんでもトーマスとなるのもいかがなものでしょうかと
考えさせられます。
もっとこの本にスポットが当たればいいのですが、
「走れクラウス」
金の星社にて現在も発売中です
アマゾンでも発売中ですので、おすすめです。


by mikisuto | 2018-06-17 10:49 | トレインアート | Comments(0)

ジオラマ製作の情報と身の回りのできごとを発信しています
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31