カテゴリ:鉄道( 29 )

哲学の線路 大都会

f0227828_20312555.jpg
大都会 東京 新橋ビル街にある踏切警報器
そこには線路はなく道路があるのみ
かつてここに線路があったことを、静かに伝えている。
11月25日 東京新橋17時頃

by mikisuto | 2018-11-30 20:35 | 鉄道 | Comments(0)

鉄道少年の原点

今回は、たまたま目にしました動画
「運転士さんありがとう 東海道本線」
この動画 とにかく泣けてしまいました
ただ 親子が東海道本線を走行する列車に手を振るだけですが、
幼いころの私を思い出します。
中でも貨物のEF210のコンテナ列車が
警笛を鳴らすのには、もう涙ものです。
短くて済みませんと書いておりますが、
鉄道少年の原点ここにありを感じました。

くわしくは、こちらをご覧ください

https://youtu.be/1m2lrMXl_V4
最後は、以前イベントで出会った
鉄道少年と私です。

f0227828_1412389.jpg


by mikisuto | 2018-09-13 14:40 | 鉄道 | Comments(0)

f0227828_10024514.jpg
今回は、哲学の線路 軒先のキロポストでございます。
厳密には、勾配票でございますが、
2006年熊本電鉄 北熊本付近の情景です
手前に見えます レトロなごみ箱が何とも言えません



by mikisuto | 2018-06-13 11:19 | 鉄道 | Comments(0)

f0227828_19584179.jpg

 北熊本にて、


by mikisuto | 2018-05-27 20:01 | 鉄道 | Comments(0)

f0227828_14533102.jpg

電車が軒先を走ります。


by mikisuto | 2018-05-17 14:55 | 鉄道 | Comments(0)

f0227828_16261272.jpg
九州のあるローカル私鉄でございます
軒先をゆく線路でございます
もうじき 電車がやってくる

by mikisuto | 2018-05-11 16:28 | 鉄道 | Comments(0)

f0227828_16594545.jpg
九州のある私鉄の踏切です。
警報機、遮断機のなく 踏切一旦停止の札のみ、
なんとも言えません

by mikisuto | 2018-05-07 17:02 | 鉄道 | Comments(0)

哲学の線路その4

f0227828_19472214.jpg

今回の哲学の線路
取り残された鉄橋です。
鉄橋の両端は、すでに撤去されております。
もうすでに何十年も放置されておりました。
枕木も朽ち果てて、しまいました。
この光景をしばらく眺めておりました。
1994年の小倉でのことです。
やがてこの鉄橋も消えてゆきました。


by mikisuto | 2018-04-09 15:35 | 鉄道 | Comments(0)

哲学の線路その3 

f0227828_11464548.jpg

ご覧いただきます廃線は、北九州市小倉にございました
引き込み線のでございます。
撮影は、1990年ごろです。
現在は、更地になっております。
踏切跡から錆びた警報機を背にして、
しばらく眺めておりました。
f0227828_14125102.jpg
ご覧の画像は、門司港の引き込み線の跡で、
朽ち果てた枕木が、なんとも言えないです。


by mikisuto | 2018-03-23 16:46 | 鉄道 | Comments(0)

今回ご覧いただきます、画像は、九州は大分県中津市にございます。
旧大分交通耶馬溪線 野路駅の廃墟でございます。
中津市にございます、民宿汽車ポッポ食堂様から耶馬溪線のジオラマ製作のご依頼を受けて
訪問した際に立ち寄りました。
2008年のころでございます。
f0227828_19385271.jpg
カーブを描く石垣のホームと朽ち果てた駅舎が、健在で、
線路跡は、サイクリングロードになっております。
このような情景からインスピレーションがわきます。
見えない線路とそこを走る列車を想像し考える
まさに哲学でしょうか、
その思いをペン画で表現しました
今から20年前の作品です。
f0227828_19341897.jpg
私が描く作品の基本は、鉄道に対しての敬意 つまり
リスペクトです。
空想的でありますが、表現としての鉄道で、そこに登場する車両、駅舎
など鉄道に関連する題材は、すべて資料などを基に表現いたしております。
ご覧の作品は、私が、幼いころインパクトを受けた耶馬溪線に対しての
リスペクトの思いでも ございます。
それは、再現でなく表現としてで、

f0227828_19401585.jpg

モデルとなった車両は、中津市内の民宿汽車ポッポ食堂に
現存しております。
そして、2008年に納品いたしました耶馬溪線のジオラマです。
f0227828_10232924.jpg
f0227828_10235854.jpg




by mikisuto | 2018-03-17 11:10 | 鉄道 | Comments(0)

ジオラマ製作の情報と身の回りのできごとを発信しています
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31